<< 不真面目な人間のたまには音楽とか思い出と//
不真面目な人間のたまには音楽とか思い出とか「ダブル ~ワンダフル~」
2019-11-25 22:38:50
クリスマスソングまでのつなぎとして、この肌寒い季節に聞きたくなるのは、ファー付きの高級コートのようなイメージがある、R&BのDOUBLE(ダブル)。
デビュー当時は姉妹で歌っていたけど、お姉さんが「これから」という時に急逝されて、それからずっと妹さんがソロで活躍しているようです。
新潟県出身なんですね。ウィキを見て初めて知りました。
CDのジャケットは外国人ぽい撮り方で、割と小柄? なのに、それを感じさせないグラマラスな印象。

ダブルの歌詞は半分ぐらい日本語だけど、日本語っぽく聞こえません。
そして英語の発音がソレっぽい感じ。(英語の赤点たくさん取ってた私の感覚なんで、アテにしないで下さい^^;)
BED(ベッド)って歌が一番有名かな~と個人的に思ってます。
カラオケにも入ってて、そこそこ色っぽい歌で、若い頃はよく歌いました。
Shake(シェイク)も有名ですが、これは歌いにくいです。デュエット前提ですし。


今聞いているダブルのアルバム「ワンダフル」が発売されたのは2003年。定価3059円(税込み)
購入したのはおそらく二十代、本屋でバイトしてた頃でしょう。
帯に紹介文はないです。
カラーコンタクトを入れて、アイメイクがバッチリで、褐色の肌に鼻ピアス?のTAKAKO(ボーカル)が表紙。これはたぶんジャケ買いしたんだと思います。


このCD、全体的にテンポが良く、うるさすぎず色気があって、声質が甘いせいか品がいい。
暗くなってからのドライブなんかで流せば、男女問わず印象が良いんではないかと思います。

2番目の曲「Wonderful」に出てくる、ちょっと魔術じみた歌詞が好きです。追い詰めるほどではないけど迫ってくるような曲調も。
あとは13番の「Okaeri」スローテンポで、帰宅した愛しい人を迎えて癒やすようなバラード。甘く優しい声が歌詞に良く合ってて、遅くまで残業した日に聞きたい曲です。